go!go!vanillas「手紙」の歌詞
歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > go!go!vanillas > 手紙 歌詞

go!go!vanillas「手紙」の歌詞を収録したCDジャケット画像

手紙

歌手:go!go!vanillas
作詞:Tatsuya Maki
作曲:Tatsuya Maki

外灯眠る 朝焼けの
人影の無い 見慣れた道を歩いた
君と最後の散歩
君から繋ごうとした手を
ちょっと先回りして 握りしめたら
君はそんな顔をするんだね

初めて知った 神社の前
人は傷つけて 初めて気づく
今ある幸せと隣合わせな
不幸せな誰かを

どんなプレゼントよりも
あなたの心が伝わる物が良い
と君は嬉しそうに
だから今日は書いたんだ 拙い文字
君への 「ありがとう」を
手紙にして 詰め込んだよ

散々ケンカもしたはずだ
震えた声に 心も軋ませた
なのに 君との楽しいことばかりを

思い出すのは 未練からか
自分を守る盾としてなのか
一番の幸せを願えるように
君のこの先ずっとの

冗談交じりのディスも
あの時は二人を幸せにした
もう 今じゃ ここには無いけれど
歌の数だけじゃ足りない
二人の秘密 そして 「ありがとう」を
手紙にして 詰め込んだよ

アルバム「PANDORA」収録曲


「手紙」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

go!go!vanillasの人気歌詞

go!go!vanillasの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.