吉澤嘉代子「流星」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 吉澤嘉代子 > 流星 歌詞

吉澤嘉代子「流星」の歌詞を収録したCDジャケット画像

流星

歌手:吉澤嘉代子
作詞:吉澤嘉代子
作曲:吉澤嘉代子

今日星が流れてゆくのを初めて目にしたよ
一瞬空にひっ掻いた傷がついたみたいだった

膨れあがった願いも叶ってしまえば
吐いたばかりの煙に部屋は冷えていった

戸惑う息を見破らないでよ
ずっと近くにいたから

兼ねてからの切望で貴方を手に入れたんだけれど
僕がほんとうに欲しかった光は君じゃなくて
君の心に流る傷

受話器の向こうの顔が思いだせない
生易しい約束を飲みこめないまま

騒めく声を押し殺せないよ
もっと遠くに沈めても

兼ねてからの切望で貴方を手に入れたんだけれど
僕がほんとうに欲しかった光は君じゃなくて

生まれた侭の絶望が貴方を輝かせるよ
僕がほんとうに欲しかった光に掻き立てられて

なんでそんなにも幸せそうに笑えるの
君の心に流る傷

僕に見せてよ 星の在りかを

アルバム「赤星青星」収録曲


「流星」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

吉澤嘉代子の人気歌詞

吉澤嘉代子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.