Awesome City Club「記憶の海」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Awesome City Club > 記憶の海 歌詞

記憶の海 / Awesome City Club
Amazonで見る

「記憶の海」歌詞

歌手:Awesome City Club
作詞:PORIN
作曲:atagi・永井聖一


夜の岬 ひとり灯すサーチライト
記憶の海を泳ぐの 夏の日
「いつでも忘れる準備はできているの」
なんてつぶやいている 風に消える
 
君と見てた対岸のネオンサイン
誘うように 赤く燃える
ヘイブルー、今夜も心をさらうなら
いっそこのまま泳ぎきってしまいたいな
 
水面につたう涙はそう 私を映すリアリティ
次第にひろがるさざ波は 物ともせずただただ漂う
水紋がみせる仕草はそう ひとりでに咲く花のよう
叶わぬ願いは泡になり もう君はいない
 
君を見てた水上の面影橋
冷えた体 何も感じない
ヘイブルー、今夜も記憶をうばうなら
いつか忘れるその時を許してね
 
水面につたう涙はそう 私を映すリアリティ
次第にひろがるさざ波は 物ともせずただただ漂う
水紋がみせる仕草はそう ひとりでに咲く花のよう
叶わぬ願いは泡になり もうここにはいない

アルバム「Grower」収録曲


Awesome City Clubの人気ランキング

Awesome City Clubの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.