yama「麻痺」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > yama > 麻痺 歌詞

yama「麻痺」の歌詞を収録したCDジャケット画像

麻痺

歌手:yama
作詞:TOOBOE
作曲:TOOBOE


痺れちゃうくらいに怖くてさ
足が竦んで竦んでいた
その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな

どうしようか 逆境は慣れてないから
曖昧な覚悟しか出来てないよな
細胞が硬直し始めては
あんまりな未来を見せてくんだな

あの頃の僕ら ただ人を羨んでは
見えない何かに怒ってさ
片足で跨げる様な 段差をずっと睨んで
言葉も出なくて掻きむしっていた

痺れちゃうくらいに怖くてさ
足が竦んで竦んでいた
その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな

私を強くさせた貴方に捧げる
可憐なアタックに込めた素敵なバラードを

残響が耳の奥でなってたんだな
苦しいよな独りで立ち向かうのは

よれたTシャツの裏 隠した弱い心
見えないフリをしていたよな
そこに刻まれたそれぞれの傷を
奈落の底まで連れて行かないか

壊れちゃうくらいに脆くても
強く愛を求めていた
このステージに立ってる意味を
今も忘れたくないよな

遥かに遠く飛んだ丸い太陽
紅蓮に光ってたいと願う僕らの様だな

通り雨 貴方の頭上に落ちていく
「助けて」と聞こえた
それが嘘か誠かなんて

痺れちゃうくらいに怖くてさ
足が竦んで竦んでいた
その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな

私を強くさせた貴方に捧げる
可憐なアタックに込めた素敵なバラードを

嗚呼 今 静かに心が燃えてたみたいだ

アニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」オープニングテーマ


「麻痺」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

yamaの人気歌詞

1 春を告げる深夜東京の6畳半夢を見てた 灯りの灯らない蛍光灯
2 麻痺痺れちゃうくらいに怖くてさ 足が竦んで竦んでいた
3 真っ白ご覧 夕日が沈むのが早くなりました
4 クローバー絡まり合う関係は
5 名前のない日々へ青色の声が遠く響き 3度目の寝返りを打つ
6 ブルーマンデーブルーブルーマンデー 変わらないように
7 タルト別れ際 ベッドの隅で 煙草の残り香を吸った

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

「2.43 清陰高校男子バレー部」関連情報

Undulation
崎山蒼志

♪友達にもらった言葉のナイフを

最新人気情報

NEWサムシング・ニュー
ジャニーズWEST

♪僕らは最強なんだぜ さあ、進も
NEW愛を知るまでは
あいみょん

♪いざ、手のなる方へと 導いたの
NEWCry Baby
Official髭男dism

♪胸ぐらを掴まれて 強烈なパンチ
NEWStarlight
WGB(和楽器バンド)

♪そばにある大切さを 気付けない
NEW野球
くるり

♪ギータ かっ飛ばせよ バース か
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.