秋山黄色「夢の礫」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 秋山黄色 > 夢の礫 歌詞

秋山黄色「夢の礫」の歌詞を収録したCDジャケット画像

夢の礫

歌手:秋山黄色
作詞:秋山黄色
作曲:秋山黄色


大切なものができたら
奪われたくないから
誰も「子供のまま」を愛さない
それでもね 夢はきっと空に浮かんだまま

ねえ 僕とあなたで二人分
いつか描いた道を歩こう
あなたにはどう映るのかな
最初に信じるのは自分だから

夜より暗いこの心の中で
変わらず星を探しているんだ
それがあなただと信じているから
少しだけ また抱えて
言っていないことがある

なんでうまくいかないんだろう…
伝えたい ガラクタみたいな心ごと

変わらないものはいくつある?
両手で収まるかな
誰も今の自分を愛さない
選ぶんだ 見るか叶えるか自分の手で

きっと心は叫ぶから
補い合って行くんだろう
きっと生まれる前から
もう十分なほど夢を見てた

僕等だけに見えている世界を
不確かでも信じていたいんだ
他の誰かには意味のない事でも
夢の今でも離せない
光の粒がここにある

「映画 えんとつ町のプペル」挿入歌


「夢の礫」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

秋山黄色の人気歌詞

秋山黄色の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
「映画 えんとつ町のプペル」関連情報

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.