Couple「風まかせ」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > Couple > 風まかせ 歌詞

Couple「風まかせ」の歌詞を収録したCDジャケット画像

風まかせ

歌手:Couple
作詞:Couple
作曲:Couple

もう季節も廻ったね
自転車で走り出す
思い出に名付けて笑うなんてまだ出来ない
ああ ひとりの毎日が長くて切ないだけ
次の角に君が現れますように
今から行くからって突然電話したあの夜から
わたしだけが変わらないみたい
風が強く吹いて導いてくれるその日までは
握りしめたままの淡い青い気持ち
鞄から出てきた花火大会のチケットには
冗談が下手な君の真面目な文字がすごく苦しくて

見えない傷跡さえ永遠に守るなんて
変なこと言うから特別になってたよ
ベランダを飛び出した
言い訳はしないでただ謝る君の顔を見れないでいた
覚悟は出来ていた
静かに出ていく君のこと見送るだけなんて無難に終われない
風が強く吹いて導いてくれるその日までは
握りしめたままの君が居たあの時を駆け抜けて

「風まかせ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Coupleの人気歌詞

1 Tiny Tiny Tiny
2 風まかせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.