伊達悠太「母灯り」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 伊達悠太 > 母灯り 歌詞

伊達悠太「母灯り」のCDジャケット
Amazonで見る

母灯り

歌手:

伊達悠太


作詞:かず翼
作曲:大谷明裕

秋が来るたび 縁側で
柿の皮むく 母でした
荷物にそっと 入ってた
干し柿今は 懐かしい
一目だけでも 逢いたくて…
心のふるさとに あぁともる母灯り
 
今も悩んで 迷うたび
母に聞きたい ことばかり
幸せならば 振り向かず
生きたいように 生きなさい
いつも言ってた あの言葉…
心のふるさとに あぁ今日も母がいる
 
鏡のぞけば 近頃は
母に似てきた… ふと想う
自分のことは 後回し
家族に尽くす ひとでした
それでいいのと 微笑(わら)ってた…
心のふるさとに あぁともる母灯り

伊達悠太の人気ランキング

伊達悠太の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

Joyful / NiziU
Are you Ready? / VALSHE
ヒプノシスマイク -Rhyme Anima- / Division All Stars
君に伝えたいこと / 山崎育三郎
人間 / SHISHAMO
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.