アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世(雨宮天)「氷の鳥籠」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世(雨宮天) > 氷の鳥籠

アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世(雨宮天)「氷の鳥籠」のジャケット画像

氷の鳥籠

歌手:アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世(雨宮天)
作詞:こだまさおり
作曲:岩橋星実(Elements Garden)

熱を帯びた沈黙が 凍てつく星を彷徨う
断ち切れぬ鎖に 抗いながら

今はまだ声なき声を この胸の中 孤独な鳥籠
誰にも穢せはしない 抱きしめてる願い

いつか大空へ放つその日まで かならず辿り着く日まで
強くあろう だからどうかあなたも諦めずにいて
そして永遠の微睡みのように 射し込むあたたかな光
祈りは翼 羽ばたかせて 次の世界を始めるため

くり返される争い 為す術もない絶望
悲しみの連鎖は 終わりにしよう

声をあげた小さな兆し とけ始めてた 氷の鳥籠
迷わず貫いていく この願いが羅針

遠く馳せるのは幸せな未来 すべてが報われる明日
嗤われても構わないの あなたが信じてくれるね
やがて何もかも洗われた朝に 見つけるあたらしい光
心の翼 羽ばたかせて 自由な意志で目指し続ける

譲れない想いの彼方
結末から始まりへ進もう 解き放つ願い

遥か大空で叶うその日まで すべてが報われる日まで
強くあろう だからどうかあなたも諦めずにいて
そして永遠の微睡みのように 射し込むあたたかな光
祈りは翼 羽ばたかせて 次の世界を始めるため

アニメ「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」エンディングテーマ


「氷の鳥籠」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世(雨宮天)の人気歌詞

1 氷の鳥籠NEW熱を帯びた沈黙が 凍てつく星を
2 奏響エトランゼNEWはりつめてた心の弦 その強さが

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」関連情報

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.