Ghost like girlfriend「regret」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Ghost like girlfriend > regret 歌詞

regret / Ghost like girlfriend
Amazonで見る

「regret」歌詞

歌手:Ghost like girlfriend
作詞:岡林健勝
作曲:岡林健勝


置き手紙とチョコレート
「今までどうも有難う」
ポストにあった合鍵で開いた部屋、君は居ない

口に含んだチョコレート
温いワインで溶かして
あまりにも何もかもの後味が苦いだけで

思い出す 溢れ出す
今に始まった事じゃないさ
なのにどうして

そして溢れ出す瞳の水溜りを
拭っては世界を改めた
ありふれてた幸せが全て裏返って
地獄が始まる

途切れかけの蛍光灯
その光で洗濯を干しながら
「乾かない」といつも君は笑っていた

ずっとあるって信じてた幸せの時の針は
ほぼ君の優しさで回り続けていたらしい

意味合いが変わってく
手放しで続く幸せなんてさ
ある訳なくて

そして溢れ出す瞳の水溜りを
拭っては世界を改めた
ありふれてた幸せが全て裏返って
地獄が始まる

君が離れてしまってからずっと
浮かぶ言葉や気持ちは
きっと君が欲しかったものだと今更

そして溢れ出す瞳の水溜りを
拭っては世界を改めた
ありふれてた幸せが全て裏返って
地獄が始まる


アルバム「2020の窓辺から」収録曲


Ghost like girlfriendの人気ランキング

Ghost like girlfriendの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.