Double Face「Stippling」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Double Face > Stippling 歌詞

Stippling / Double Face
Amazonで見る

「Stippling」歌詞

歌手:Double Face
作詞:松井洋平
作曲:神田莉緒香

淡い三日月の夜、風が筆を走らせて
薄紅の雨を写し出した景色眺める
 
この世は孤独と刹那の
重なることのない雫の斑か
それでも……瞳は滲んで
一つ一つの色を混ぜていくのだろう
 
風が吹き込むほどの
隙間なら気付かれない
春の嵐に包まれ、傍にいるうちは
 
誰もが留めたいと願い
重なる時を閉じ込めた琥珀を
集めた……いくつもの欠片
セピア色しか描けないと気付くだろう
 
交わらない無数の道さえ
流れ行く河、そのほとりで
並ぶこともあるなら……
 
この世は孤独と刹那が
描く点描の絵なのだろうか
それでも……瞳は求めて
春の嵐の様に
数多の色達を混ぜていくのだろう
 
薄月の夜の道
付かず離れずの影も
少し離れて見たなら
一つに見えるだろう

Double Faceの人気ランキング

この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.