中孝介「島唄」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 中孝介 > 島唄 歌詞

中孝介「島唄」のCDジャケット
Amazonで見る

島唄

歌手:

中孝介


作詞:宮沢和史
作曲:宮沢和史

でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た
でいごが咲き乱れ 風を呼び 嵐が来た
くり返す悲しみは 島渡る波のよう

ウージの森であなたと出会い
ウージの下で千代にさよなら

島唄よ 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の涙

でいごの花も散り さざ波がゆれるだけ
ささやかな幸せは うたかたの波の花

ウージの森で歌った友よ
ウージの下で八千代の別れ

島唄よ 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を

海よ 宇宙よ 神よ いのちよ このまま永遠に夕凪を

島唄よ 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の涙

島唄よ 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を

アルバム「あなたがいるだけで」収録曲


「島唄」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

中孝介の人気歌詞

1 サンサーラ生きてる 生きている その現だけが ここにある
2 さゆささゆさ 流るる 風の間に間に・・・ 遠き いつか
3 愛してるねぇ もう少しだけ もう少しだけ聞いていてほしい
4 あれから 時はすぎて 思い出滲んだ この街には
5 悲しみにさよなら泣かないでひとりで ほほえんでみつめて
6 すべてに意味をくれるもの遠いどこかで 奪ったものを争う声
7 僕らの手夜の帳が降る 丘の上 見下ろす街に 灯る 明かりが
8 桜色舞うころ桜色 舞うころ 私はひとり 押さえきれぬ胸に
9 なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ
10 明日があるさいつもの駅でいつも逢う セーラー服のお下げ髪
中孝介の歌詞一覧を見る▶

関連人気歌詞

ドライフラワー / 優里
ドライフラワー
優里

♪多分、私じゃなくていいね 余裕
うっせぇわ / Ado
うっせぇわ
Ado

♪正しさとは 愚かさとは それが何
SHOW TIME / 嵐
SHOW TIME

♪退屈がグラスに溶けた 目に飛び
手のひらの中 / ハンバート ハンバート
手のひらの中
ハンバート ハンバート

♪どうしてこんなに苦しくて どう
春夢 / May'n
春夢
May'n

♪誉れ誉れと咲く花散る頃に 貴方
MAMANIE / C&K
MAMANIE
C&K

♪いつまでも堂々巡りの日々に頭を
いつか秒針のあう頃 / 嵐
いつか秒針のあう頃

♪Warming light 優しく 君は理由
The Music Never Ends / 嵐
The Music Never Ends

♪まぶた閉じ浮かべた そこには褪
Brand new planet / Mr.Children
Brand new planet
Mr.Children

♪立ち止まったら そこで何か 終わ
惚れた女の弱音酒 / 真田ナオキ
惚れた女の弱音酒
真田ナオキ

♪パラパラと 降る雨に 何を流して
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.