Okayuka「風凪」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Okayuka > 風凪 歌詞

風凪 / Okayuka
Amazonで見る

「風凪」歌詞

歌手:Okayuka
作詞:Okayuka
作曲:Okayuka

波の音が聞こえてくる そんな風を見た気がした
ふと戻ったこの町が あの日の時間を呼び戻す
ふたり眺めた瀬戸の海 六口島は静かに浮かび
石に書いたふたりの名前 白いチョークは消えて行った
 
海が運ぶあの光 今でも見つけ出せるのかな
 
君は君のままでいて もし違う道にいるとしても
同じ空を見つめてる それだけで なぜだか安らぐの
 
電車は揺れて海を渡る 幼いふたりの思い乗せて
鏡のような水面に 映る未来を信じていた
 
波に漂うのはひとり あの頃の私はもういない
 
君は君のままでいて もし違う人といるとしても
同じ空を見つめてる それだけで
 
記憶の中の君が少しづつ薄れていく
遠くなる波音にそっと手を振るの
 
あの笑顔のままでいて 誰の色にも染まらないで
私の勝手な願い 心に隠して 明日へ繋げるの
 
次の未来へ渡って行く 君もどこかで笑っていて
同じ空を見つめていた 輝き心に残したまま
 
君もどこかで笑っていて

Okayukaの人気ランキング

この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.