SHIFT_CONTROL「サナギ」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > SHIFT_CONTROL > サナギ 歌詞

サナギ / SHIFT_CONTROL
Amazonで見る

「サナギ」歌詞

歌手:SHIFT_CONTROL
作詞:アサノチャンジ
作曲:アサノチャンジ

何度も夢に見る 空の模様を
僕の背中には 羽がないのに
雫が零れる 木の葉の裏で
長い夜が明けるのを ただ待ってる
 
鮮やかに咲いてる 花と自分を
比べたって何にも 意味がないけど
色に溶け込み 気づいてないふり
どうしたって見えないのは光
 
どこにも行けないはずの僕らが
いつかは飛べると 期待しちゃうんだ
朝になり 日が射し 花が咲いたら
僕らはそれぞれ 違う色になる
このまま
 
空から降り注ぐ 水の隕石に
当たったらそれだけで 溺れちゃうから
木の幹を登り いつしかサナギ
たしかにそこにあるのは光
 
いつまでも変わらないモノはないとか
解ってはいるけど 怖くなるんだ
氷が溶ける頃 花が咲いたら
僕らはそれぞれ 違う色になる
 
薄暗くて眠れない夜
あの日も間違ってはいなかった
 
どこにも行けないはずの僕らが
今なら少しだけ 分かる気がしてる
描いたミライとはまだ 違っても
そこからどこへでも行けるはずさ
 
どうやらまだ 北風はやまないから
まだ包まっていたいけど この殻を突き破ってみる
僕らはまだ 感覚を掴めないまま
必死になって今ただ この羽をバタつかせてる
必死になって

アルバム「Slowmotion」収録曲


SHIFT_CONTROLの人気ランキング

SHIFT_CONTROLの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.