和楽器バンド「生きとしいける花」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 和楽器バンド > 生きとしいける花 歌詞

生きとしいける花 / 和楽器バンド
Amazonで見る

「生きとしいける花」歌詞

歌手:和楽器バンド
作詞:鈴華ゆう子
作曲:鈴華ゆう子


弛みないはずだった道
雨だれに耳を寄せ
ひとりきりでは消えてしまいそうな
 
追憶に抱かれては
重ねたページ
色褪せないように
 
生きとしいける花に 願い込め描いた
徒然なるままに 君が残してった
ひとひらずつ集めて 大きな絵が
一面咲いた
 
逃げてゆく水平線の
坂道に揺れる心綺楼
手を振っている
昼下がりの夢
 
サヨナラの空がまた
曇らぬように
塗り重ねてた
 
生きとしいける花も 流す涙がある
実を付けるその日まで 根をはり誇るように
ひとひらずつ名付けて 旬に開く
花束を君へ
 
ぼやけた明日を もっと
縁取る陰影を
今に動き出しそうな
命を吹き込もう
 
生きとしいける花に 願い込め描いた
徒然なるままに 君が残してった
ひとひらずつ集めて 大きな絵が
一面咲いた

アルバム「TOKYO SINGING」収録曲


和楽器バンドの人気ランキング

和楽器バンドの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.