WALTZMORE「水際の花」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > WALTZMORE > 水際の花 歌詞

水際の花 / WALTZMORE
Amazonで見る

「水際の花」歌詞

歌手:WALTZMORE
作詞:こうのいけはるか
作曲:夏未


ぼくらはいつも 無我夢中で
届かない憧れに手を伸ばしてた
光の方へ 消えてゆく泡に記憶の跡
いかないで
 
目を覚ました 天井のない部屋
冷たい風に揺れる水際の花
剥がれ落ちた壁にそっと刻んだ言葉
君は言った
 
「大それたはなしは ここまでさ
今夜 退屈な街から出ていくのさ
誰のものでもない
僕は僕の自由を抱いて 旅をするよ」
 
my friend, why have you changed
Don't you remember the day
when we called each name at first
笑いあって 歌いあって ぼくら
季節を見送ったんだ
 
君だけが僕のすべてを知ってた
卑しさも 醜さも 受け入れてくれた
 
そのドアを何度も 叩いては
名前を呼びかけたのに
返事がないんだ
 
「大それたはなしは ここまでさ
今夜退屈な街から出ていくのさ
誰のものでもない 僕は僕の自由を抱いて」
 
my friend, why have you changed
Don't you remember the day
when we called each name at first
二人の世界 二人だけの宇宙
水際の花 覚えている?
 
不確かで 不安定な日々も
すべてが特別だった
笑いあって 歌いあって 僕ら
季節を見送ったんだ
 
(ぼくらはいつも 無我夢中で
届かない憧れに手を伸ばしてた
光の方へ 消えてゆく泡に記憶の跡
いかないで)

WALTZMOREの人気ランキング

WALTZMOREの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.