GLIM SPANKY「Lonely Boogie」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > GLIM SPANKY > Lonely Boogie 歌詞

GLIM SPANKY「Lonely Boogie」の歌詞を収録したCDジャケット画像

Lonely Boogie

歌手:GLIM SPANKY
作詞:松尾レミ
作曲:GLIM SPANKY


君は寂しそうに
死んだ船に乗り込んで
僕たちは出逢った
孤独な野良猫同士

夜明けまでビールを飲んで
幽霊船ベッドで眠る
楽しみは底を尽きそうで
明日生き延びるかわからない

髪を解いてあげよう
誰も見たことのない
美しい緑の
揺れる波間の様だ

君のこと知りたいよ
どうしたら 悲しい目をしないの
今日だけは さぁ心を開いて
教えてよ ねえ 僕だけに

君はいつも嘆く
どうしても気になるんだ
その切ない声を
喜びに変えたかった

花を摘んであげよう
誰も見たことのない
美しい赤色
流れている血の様だ

君のこと知りたいよ そう言うと
あなたにわからないと そう笑う

君のこと知りたいよ
どうしたら 悲しい目をしないの
今だけは 生きてる気がするんだ
教えてよ ねえ 僕だけに

教えてよ ねえ 君のこと

アルバム「Walking On Fire」収録曲


「Lonely Boogie」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

GLIM SPANKYの人気歌詞

GLIM SPANKYの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.