GLIM SPANKY「若葉の時」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > GLIM SPANKY > 若葉の時 歌詞

GLIM SPANKY「若葉の時」の歌詞を収録したCDジャケット画像

若葉の時

歌手:GLIM SPANKY
作詞:松尾レミ
作曲:松尾レミ

そっと手を引く母の様に穏やかな午後は
明け放つ窓から覗く 真っ白い飛行機雲
丘の上 稲は揺れている
ああ いつの間に五月でした

そっと川辺に指を通し目が冴える初夏は
街に出て誰かと話そう
さあ あの店で花を買って

みんなは言うよ 知りもしないで
きっと昔の方が素晴らしいと
どうしてちゃんと今を見ないの
こんな鮮やかに陽が射しているのに

過去にすがらないで
時間は常に生まれ変わる 私たちも
いつまでだって若葉の時を生きているのよ

みんなは言うよ 孤独を知って
どんな昨日より今日が素晴らしいと
安心したいの 撫でられたいの
こんな時代だけれど大丈夫と信じたいの

過去にすがらないで
時間は常に生まれ変わる
私たちも

風がそよいだ
遠くで鳴った鐘の音が
坂を下って届く
ひまわりはつぼみを抱いてる
思い切り息を吸って歩く
若葉の時を歌うの
ラララ

アルバム「Walking On Fire」収録曲


「若葉の時」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

GLIM SPANKYの人気歌詞

GLIM SPANKYの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.