TOKYO No.1 SOUL SET「黄昏20〜太陽の季節」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > TOKYO No.1 SOUL SET > 黄昏20〜太陽の季節 歌詞

TOKYO No.1 SOUL SET「黄昏20〜太陽の季節」の歌詞を収録したCDジャケット画像

黄昏20〜太陽の季節

歌手:TOKYO No.1 SOUL SET
作詞:渡辺俊美・川辺ヒロシ・BIKKE・Stephen Stills
作曲:渡辺俊美・川辺ヒロシ・BIKKE・Stephen Stills

太陽の光、月の灯り
夕暮れに誰と黄昏る

僕らはそもそも昼に生きるのか/そうでなければ何故、昼は
太陽の光で注意を引き/たちまち僕らの目を眩ませて/輝きたいと思わせるのか
より高く、もっとより高く/空想よりももっと高くと/たえず光源へとおびき寄せる
(なら)飛び立とう、そして到着しよう/足場が不安定なのに気づかずに
翼のバランス考慮して/飛翔は合理的に計算され
おかしい所は無いはずなのに/妙に自信だけ持っているのに
昇天への欲望はどうして/狂気の様に見えるのか

僕らはそもそも夜に生きるのか/そうでなければ何故、夜は
暗闇で視界を奪い去り/月の灯りで僕らを照らし/進むべき道を教えるのか
より先へもっとより先へ/ランナーよりももっと先へと/たえずゴールへとおびき寄せる
(なら)走り出そう、そして到達しよう/酒の勢いだと気づかずに
靴のひもをなおそうとして/テーブルのグラスを全部倒す
足なんかフラフラになっているのに/妙に自信だけついているのに
泥酔への疾走はどうして/正気の様に見えるのか

太陽の光、月の灯り
夕暮れに誰と黄昏る

僕らはそもそも何時に生きるのか/そうでなければ何故、僕らは
太陽が夕日に変わった途端/目が眩むことなくはっきりと/彼方の終わりが見れたのか
魅力を失くした光源は急に/おびき寄せる力を失い/僕らは直ちに墜落させる
墜落は飛翔よりずっと自然で/地面に叩き付けられることも
フラフラになって歩くことも/昼の情熱よりずっと自然で
自然が企む罠なのか/夜はもうじきやって来るのか
昼は夜を信じることなく/夜は昼を信じることなく

太陽の光、月の灯り
夕暮れに誰と黄昏る

「黄昏20〜太陽の季節」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOKYO No.1 SOUL SETの人気歌詞

TOKYO No.1 SOUL SETの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.