吉岡亜衣加「願ノ河」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 吉岡亜衣加 > 願ノ河 歌詞

願ノ河 / 吉岡亜衣加

「願ノ河」歌詞

歌手:吉岡亜衣加
作詞:磯谷佳江
作曲:小野貴光


夜の水面に 星の明かりが
せせらぎ揺れる 川縁を

あなたとふたり 並び歩けば
まるで天(そら)の小道みたい

手を伸ばしてそっと確かめた温もり
過ぎし季節の 記憶(ひかり)が降るようで

まぶたに浮かぶ 銀の星粒はきっと
ひとつひとつ 生きた想い出の結晶
時を越え 優しくまたたいてる

散りばめられた 夢のかけらが
願いの河に眠る頃

このままふたり 鵲(かささぎ)の橋
渡るように 明日の岸へ

ねえ気づけば 夜は穏やかにたゆたい
風は静かに いのちを包むよう

不安の闇の中でめぐり逢い そして
信念(ゆめ)を宿し 生きるまなざしを知った
あの日から 始まった物語

あゝ流れてゆく 涙も よろこびも
かなしみも 安らぎも いとしさも
ただとめどもなく 変わり続けながら
人は変わらぬ願いをいだいて
戻れぬ道 進んでゆく

消えない想い 銀の星粒はずっと
胸の奥 優しくまたたいてる


Nintendo Switch用ソフト「薄桜鬼 真改 銀星ノ抄」オープニングテーマ


吉岡亜衣加の歌詞ランキング

吉岡亜衣加の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

吉岡亜衣加の新着情報

花霞吉岡亜衣加
雲の果たてに吉岡亜衣加
誓ノ花片吉岡亜衣加
刹那の鼓動吉岡亜衣加
絆火燃ゆ吉岡亜衣加

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.