杏沙子「交点」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 杏沙子 > 交点

杏沙子「交点」のジャケット画像

交点

歌手:杏沙子
作詞:幕須介人
作曲:幕須介人

翠に沈む街の灯
くたびれた人を運ぶ
穏やかに 緩やかに
曲線は動き出す

遠く離れた土地に
すれちがう人を想う
細やかで しなやかな
律動を感じる

色は移り 季節を着替えた
髪を伸ばして
どれくらい経つだろう

忘れたふりで
忘れてはいない
焼きついた眼差しが
私を照らす

未来を思えば思うほど
時の流れが憎らしくなる
誰も逃げられずに
大人になったんだ
思い切り産声をあげよう
深い霧の中で

足を止めて 匂いをさがした
声や顔すら おぼろげになっても

大事にしてたはずだったものが
いつの間にか淡く
遠ざかっていく

透明になるグラフの線
隔たりさえ見えない

過去が思い出になろうとも
時の流れは変わることなく
全てを受け入れて
大人になったんだ
思い切り産声をあげよう
深い霧の中で
立ち尽くしたまま

アルバム「ノーメイク、ストーリー」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

杏沙子の人気歌詞

杏沙子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.