ビッケブランカ & 松本大「Little Summer」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ビッケブランカ & 松本大 > Little Summer

ビッケブランカ & 松本大「Little Summer」のジャケット画像

Little Summer

歌手:ビッケブランカ & 松本大
作詞:ビッケブランカ・松本大
作曲:ビッケブランカ

押されるままここへ
たどり着いていた
飾った海の絵と
寄せていく波音

会いたいのは誰のため
片道のビザを持って
砂の白さ思い出せよ

こうして僕ら
顔をあげて歩いていく
いつもより少しだけ
小さな夏の日へ

アスファルトの上で
跳ねた子供の歌
いま目の前で揺らぐ
陽炎の中に見る

あぁ一体何が悲しくて
思い出をめくっていく
かけたままの
あの無垢な気持ちを
引摺ってまで

どうして僕ら
物語の先を急ぐ
何もかも脱ぎ捨てて
小さな夏の日へ

肌を伝う汗が
うだるほど未来が
今でも青く晴れ渡っている

こうして僕ら
顔あげて歩いていく
いつもより少しだけ
小さな夏の日へ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ビッケブランカ & 松本大の人気歌詞

1 Little Summer押されるままここへ たどり着い

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.