betcover!!「家庭のひかり」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > betcover!! > 家庭のひかり

betcover!!「家庭のひかり」のジャケット画像

家庭のひかり

歌手:betcover!!
作詞:ヤナセジロウ
作曲:ヤナセジロウ

まわってまわってハイタッチして
忘れて忘れてつまづいて
火の始末遅れ、僕は夢の中へ
たなびいた馬のたてがみが
壁に埋もれいなないている

街が手綱を手放したのは
君が去ってから

まわっていたのは世界じゃなくて
あなただったんですね

あんなに馬鹿にしていた奇跡が起こって
僕は家に隠れたよ
都会のひかりをながめていたら
眠くなってきたよ

傷ついた君は僕の夢の中へ
(泳げない鯨、逆さの双眼鏡)

諦めうけた窓からひかりがこぼれ落ちたのは
誰を想ってかな
まわしていたのは機械じゃなくて
君だったんですね

誰もが待ちわびていた
奇跡が終わって君も家に帰ったよ
都会のひかりを眺めていたら
眠たくなって

誰もが輝いていた季節がすぎても
僕はどこへも行けず
家庭のひかりを眺めていたら
眠くなってきたよ

アルバム「告白」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

betcover!!の人気歌詞

betcover!!の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.