DIAURA「獄彩」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > DIAURA > 獄彩

DIAURA「獄彩」のジャケット画像

獄彩

歌手:DIAURA
作詞:yo-ka
作曲:DIAURA


僕が消える前に消える前に証を残したい
この世界にたったひとつだけの歌
いつか信じていた信じていた未来は存在しないとしても
暗い暗い明日へ
仄暗い水底に沈む
それは行き場のない僕のようで
差し伸べる手も冷たく悴んで
気付けば溺れてしまっていたんだ
死の色に染まったこの渦にさらわれ
僕が消える前に消える前に証を残したい
この世界にたったひとつだけの歌
いつか信じていた信じていた未来は存在しないとしても
暗い暗い明日へ
錯覚の腕に掴まれて
いつからか失くしてしまっていたんだ
死の色に染まったこの風の行方を追って
死の色に染まったこの空をただ眺めてた
羽もがれた鳥のようだ 僕を重ねて
幕を降ろす前に降ろす前に教えてほしい
この世界に生を宿した理由を
ほんの少しでいい少しでいい未来は存在しないとしても
痛みに意味はあると聞かせてよ
僕が消える前に消える前に証を残したい
この世界にたったひとつだけの歌
いつか信じていた信じていた未来は存在しないとしても
暗い暗い明日へ
僕ゆえの光へ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

DIAURAの人気歌詞

1 獄彩僕が消える前に消える前に証を残

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.