ラストアンビエント 歌詞 / 宮川大聖

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 宮川大聖 > ラストアンビエント

宮川大聖「ラストアンビエント」のジャケット画像

ラストアンビエント

歌手:宮川大聖
作詞:宮川大聖
作曲:宮川大聖

欠けた月の下で 彷徨う霧の群れ
ただ ただ この迷路のような 夜が明けてく

静かに騒ぐ この景色を まぶたに映す 記憶から
ただ ただ その呼吸の意味を 知りたいだけ ねえ

徒然と流れてく 毎日を消化するように
何度も逃げ出したくはなってた
混沌としてる様が嫌いで こじ開けたこの頭の中

孤高の空 ただ静かな青に 息を奪われてしまった
何処にも往けない 星を辿る
激しく打ち付ける雨 還る場所なら
今も昔も変わる事ない

堕ちてく脱走者のよう 三つ数え息を隠した一人
感じ取れるものは何 想像出来ないような光
音に混ざる 最後の日

朝焼けの空 暗い灯火 見えるものはなかった
もういっそ 記憶の海に ああ 溺れたい

閉ざされたまま 象る様に 枯れた頬を指でなそった
壊れそうな程に 泣いていた
紅蓮の炎に塗れ 灰になるなら
孤独を喰らう事も出来ない

窓に映る 朽ち果てたこの身で 泳いだ戻れぬ日を騒ぐ心
いつかの願い星には君を映した 僅かな温もり

降りしきる雨 傷は癒えんだ 強く握るこの手には
ほとばしる希望で 震えていた
綺麗な場所を目指した 僕らこのまま
ずっと同じ夢を見てた

孤高の空 ただ 静かな青に 息を奪われてしまった
何処にも往けない 星を辿る
激しく打ち付ける雨 還る場所なら
今も昔も変わる事ない

ありのままが難しくて いつも何処か怯えたまま
揺蕩う月のように 流れる日々を 流される日々を ああ
儚さ故この残響 現実とはこの想像


ドラマ「Life 線上の僕ら」主題歌


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

宮川大聖の人気歌詞

1 ラストアンビエントNEW欠けた月の下で 彷徨う霧の群れ
2 SymbolNEW断ち切れない恐怖と 碌でもない
3 rhythmNEW鳴り止まないで静かなカーテンコ

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.