Maison book girl「Fiction」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Maison book girl > Fiction

Maison book girl「Fiction」のジャケット画像

Fiction

歌手:Maison book girl
作詞:サクライケンタ
作曲:サクライケンタ

綺麗な朝 君の横顔照らしてる
椅子に座り 涙を眺めてる
正しさとか 嘘の中で消えてくの
間違いとか 許された日々とか

そんな朝も壊れてしまって
手のひらには傷だけが残って
折れた傘をさした帰り道
揺らぐ声と指切りをしたね

柔らかい羽を捥いだら きっと
君といた部屋に戻る
最初の約束をした日 割れた
朝が降る この部屋に

綺麗な朝 誰の横顔 忘れたな
倒れた椅子 煙を眺めてる

そんな朝も偽物だったの
薄れてゆく 匂いも痛みも
雨が止んで 眩しい光が
何もかもを 忘れさせてゆく

背中には羽の跡だけ残り
誰もいない屋上で
約束も忘れた僕ら 君は
影の中 見つめてる

柔らかい羽を捥いだら きっと
君といた部屋に戻る
最初の約束をした日 ずっと
忘れない 晴れた日に

柔らかい羽を捥いでる 僕ら
屋上で泣いている
最後の約束をしてる 僕ら
朝が降り 手を繋ぐ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Maison book girlの人気歌詞

Maison book girlの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.