八神舞子「酒情話」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 八神舞子 > 酒情話

八神舞子「酒情話」のジャケット画像

酒情話

歌手:八神舞子
作詞:吹越通
作曲:吹越通

何処に行ったの 愛しいあんた
私一人を 置き去りに
戻っておくれよ この胸が
あんたの帰りを 待っている

薄いライトの 酒場の隅で
ひとり詫びしや 手酌の酒は
お国訛りに 振り向けば
どこか空似の 面影に
何故か この胸 震えます

私の魂(こころ)に 染み付いたのよ
あんたの生命(いのち)の 癖までも
涙こらえて 呑む酒は
忘れられない 味がする
今日も一人で 情け酒

まぶた閉じれば 倖せ色に
浮かぶあんたの 優しさ強さ
いつか二人で 故郷へ
帰りたいけど 夢の夢
恋しさだけが 空回り

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

八神舞子の人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.