東京少年倶楽部「1998」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 東京少年倶楽部 > 1998

東京少年倶楽部「1998」のジャケット画像

1998

歌手:東京少年倶楽部
作詞:松本幸太朗
作曲:松本幸太朗

降り続けた雨のせいでぬかるんだ道を苦労しながら歩いてきたはずだったな
だけど家の中眠る写真 周り写った時裏切られた気づいた17の暮れ
退屈が過ぎた僕は一晩中飲み明かしていたんだ
革命を覚えたのは みんなが嘘をつき投げ散らかした恐怖を
整理する人が殺されかけた時だ 熱にうなされる時は今でも夢に見るんだ

感興もなく通った校舎の中 甲高い声はまだ新しく響いてる ぬかるんだ意識の中でも
時間だけは離さないように力込めた左手は今も震えが止まらないんだ
革命を覚えたのは みんなが嘘をつき投げ散らかした恐怖を
整理する人が殺されかけた時だ 熱にうなされる時は今でも夢に見るんだ

疲れたまま歩いて行かなくちゃいけない 不安定な道の上でもそれでも笑ってやろうぜ
革命を覚えたのは みんなが嘘をつき投げ散らかした恐怖を
整理する人が殺されかけた時だ 熱にうなされる時は
革命を覚えたのは みんなが嘘をつき投げ散らかした恐怖を
整理する人が殺されかけた時だ 熱にうなされる時は今でも夢に見るんだ

革命を覚えたのは みんなが嘘をつき投げ散らかした恐怖を
整理する人が殺されかけた時だ 熱にうなされる時は今でも夢に見るんだ

アルバム「空の作りかた」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

東京少年倶楽部の人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.