さユり「夜明けの詩」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > さユり > 夜明けの詩

さユり「夜明けの詩」のジャケット画像

夜明けの詩

歌手:さユり
作詞:さユり
作曲:さユり


何ひとつ はっきりしないよ 朝が来るのが怖くて
モヤモヤしている孤独の理由を探してた

何ひとつ うまくいかないよ 未来は見えずふと立ち止まる
ゆらゆら 揺れて夢を投げ捨てた

何か残したくて叫んでた なんか悲しくなって泣いた
何か残したくて叫んでた 何が悲しくて泣いてるんだろう

何ひとつ 持ってない惨めな僕 向い風に押され
どろどろ誰かを妬ましく思うよ

何ひとつ うまくいかないまま沈む太陽 足元は
グラグラ 今にも落ちてしまう

何か残したくて叫んでた なんか悲しくなって泣いた
何か残したくて叫んでた 何が悲しくて泣いてるんだろう

あの頃は何もかも綺麗だったよ

何か残したくて叫んでた なんか悲しくなって泣いた
何か残したくて叫んでた 何も出来ず泣いてた

何か残したくて叫んでた なんか悲しくなって泣いた
何か残したくて叫んでた 何が悲しくて泣いてたんだろう

何ひとつ うまくいかなくても登る太陽 怯えている
過去に負けないで 一歩踏み出せ

アルバム「め」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

さユりの人気歌詞

さユりの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.