花*花「小さい箱」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 花*花 > 小さい箱

花*花「小さい箱」のジャケット画像

小さい箱

歌手:花*花
作詞:こじまいづみ
作曲:こじまいづみ

いつからそこに居て 一緒に歩いてたの
前しか見えなかった私に 休んでもいいよと 毛布をかけた

愛は いつも本当は小さい箱の中で キラキラ輝いてた
中身を知らないまま 持ち運んで

大人と呼ぶにはアホらしく 子供と言うには厚かましい
それでもピアノを弾いて歌ってく
そうしてあなたをずっと笑わせてく

今日で終わるようなことが 明日から始まることが
ちょっと止まってたことが すごく飛ばしてきたことが
まとめて「生きていく」ということ

思いもつかなかった こんな日々の真ん中で
ぼんやり考えてる これが幸せだという証を

形にするのは照れ臭く 言葉にするのは難しい
それでもピアノを弾いて歌ってく
そうしてあなたをずっと笑わせてく

隣に 手前に ずっと向こうに あなたの背中を探してる
いつでも大きな声で歌ってく
これからもあなたにずっと届けていく

溶けてしまいそうな恋が 見て見ぬ振りしたウソが
涙が出るような過去が ずっと繋いできた夢が
まとめて「生きていく」ということ

消えたくなるような夜が 未来を誓った朝が
踏み出す覚悟の先が いつか見上げるあの空が
まとめて「生きていく」ということ
これから「生きていく」ということ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

花*花の人気歌詞

花*花の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.