ペンギンラッシュ「色彩」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ペンギンラッシュ > 色彩

ペンギンラッシュ「色彩」のジャケット画像

色彩

歌手:ペンギンラッシュ
作詞:望世
作曲:ペンギンラッシュ


目を伏せたの
嘘をつくため
麻痺している
まるで身体が機械仕掛けだ

痛みはもう感じにくいの
麻痺している
進むべき道も分からないのに

ああ 知りすぎたよう
ああ 慣れるべきじゃない
言葉が溶けていくようだ

望んでた筈だったけれど
苦しさにまみれそうだ
この心、頭と乖離していく日々は
要らない

大切なことから目を背けてきたのよ
乏しい創造と無欲の往来

積み上げてきた理想に
縛られることなどは
あまりに愚かな行いで
弱さを見せることが
真の強さであると
信じていたいものだ
いつだって私しかいない

ああ 忙しく過ぎる
時は待ってくれない
今私が生きる音がする

創り上げてきた理想は
真の幸福ではない
この心、頭と乖離していく日々は
要らない

ドラマ「スナイパー時村正義の働き方改革」主題歌
アルバム「皆空色」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ペンギンラッシュの人気歌詞

ペンギンラッシュの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.