八坂恋物語 歌詞 / 多岐川舞子

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 多岐川舞子 > 八坂恋物語

多岐川舞子「八坂恋物語」のジャケット画像

八坂恋物語

歌手:多岐川舞子
作詞:かず翼
作曲:徳久広司

しょせんは 添えない仲なのに
あの日はやさしく 傘さしかけて
その気あるやら ないのやら
女心に 火をつけた
縁を結んでおくれやす 祇園さん
しだれ桜の 花吹雪
風に舞うのは 涙か恋か
せめて逢いたい 逢いたいね
えー にくいひと

一度は 諦めかけたのに
噂を聞くたび 心は燃えて
たとえ短い 夢でいい
散って悔いない 覚悟です
どうぞ叶えておくれやす 祇園さん
しだれ桜の お花見で
そばに寄り添う きれいなお方
ちらり目が合う 目が合うね
えー にくいひと

しだれ桜の 花の下
浮かぶ面影 せつなく揺れて
せめて逢いたい 逢いたいね
えー にくいひと


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

多岐川舞子の人気ランキング

1 飛騨の恋文駅舎(えき)に降りれば そこまで
2 ひとりぼっちの海峡NEWひとりぼっちの 海峡に 赤い涙の
3 越後平野枯れ葉散らして 吹く木枯しが 夢
4 きさらぎの川雪が哀しく 積もりもせずに 冬の
5 南国土佐に雪が降る北へ行ったら よかったかしら お
6 湖愁青い湖 たそがれて 霧がしずかに
7 鳴き砂海岸愛にはぐれた 女の胸を 揺する海
8 望郷みさき海が日暮れりゃ 沖ゆく船に ぽつ
9 津軽絶唱風がうなれば 山が啼く 三味線(
10 秋冬カモメ波がちぎれて 岩場を削る 風は裳
多岐川舞子の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.