ひとりぼっちの海峡 歌詞 / 多岐川舞子

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 多岐川舞子 > ひとりぼっちの海峡

多岐川舞子「ひとりぼっちの海峡」のジャケット画像

ひとりぼっちの海峡

歌手:多岐川舞子
作詞:幸田りえ
作曲:徳久広司

ひとりぼっちの 海峡に
赤い涙の 雪が降る
空を染め抜く 悲しみよ
いっそこの身を 投げようか
あなた・あなた 行かないで
せめてわたしが 怨むまで
無理を通した いのちの恋に
縋り泣きする
闇の中‥
ひとりぼっちの 海峡に
咽ぶあなたの 声がする
逢えば流れて 落ちて行く
恋もいつかは 行き止まり
あなた・あなた 棄てないで
愛しすぎたの わたしだけ
たった一つよ 欲しかったのは
心一片(ひとひら)
だけなのに‥
ひとりぼっちの 海峡に
呻く霧笛よ 海鳴りよ
何処へ戻れと 云うのです
二度と戻れぬ 人生よ
あなた・ あなた 泣かせてよ
せめて明日が 見えるまで
傷も涙も かさねた人を
焦がれ泣きする
風の中‥


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

多岐川舞子の人気ランキング

1 飛騨の恋文駅舎(えき)に降りれば そこまで
2 ひとりぼっちの海峡NEWひとりぼっちの 海峡に 赤い涙の
3 越後平野枯れ葉散らして 吹く木枯しが 夢
4 きさらぎの川雪が哀しく 積もりもせずに 冬の
5 南国土佐に雪が降る北へ行ったら よかったかしら お
6 湖愁青い湖 たそがれて 霧がしずかに
7 鳴き砂海岸愛にはぐれた 女の胸を 揺する海
8 望郷みさき海が日暮れりゃ 沖ゆく船に ぽつ
9 津軽絶唱風がうなれば 山が啼く 三味線(
10 秋冬カモメ波がちぎれて 岩場を削る 風は裳
多岐川舞子の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.