海猫 歌詞 / 中田裕二

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 中田裕二 > 海猫

中田裕二「海猫」のジャケット画像

海猫

歌手:中田裕二
作詞:中田裕二
作曲:中田裕二

不甲斐ない夜に 背中を預けて
ため息を燻らせていたのさ

つまらないことに すぐにさらわれて
どれだけの時を過ごしたんだろう

川面に映る 赤い街の灯

羽ばたいたよ 羽ばたいたよ
海猫が鳴きながら
僕はただ 流れる空を眺め
痺れてたあの昔のこと
懐かしく見送るだけさ

嫌いになれない 憎たらしいのに
あれほどこじれて やけになっても

想いは自ら操れないのさ
それならすべてを明け渡して

雨の夜更けに 交わした言葉

旅立ったよ 飛び去ったよ
海猫が鳴きながら
僕はただ 暮れゆく空を眺め
ぼんやりとした希望を抱いて
明日に連れ帰るだけさ


アルバム「DOUBLE STANDARD」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

中田裕二の人気ランキング

1 ギミー・ナウ愛情の扱いに不慣れ だけどそれ
2 サブウェイを乗り継いであの子との部屋を後にして 青春
3 静かなる三日月ヘイ 君は何を持ってして ヘイ
4 sunday mondaysunday monday 夢から覚めた気分
5 リバースのカードたまにそうなんだ 胸が痛むんだ
6 LOST GENERATION SOUL SINGER夢を見すぎて また無駄に過ごし
7 迷宮足りないから足すみたいな 安直
8 バルコニー今思えば 君はいつも幼い頃の 恋
9 記憶の部屋今日も街がオレンジ色に溶ける頃
10 ベール口程にも無い男なんだって 君の
中田裕二の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.