なごり歌 歌詞 / 市川由紀乃

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 市川由紀乃 > なごり歌

市川由紀乃「なごり歌」のジャケット画像

なごり歌

歌手:市川由紀乃
作詞:吉田旺
作曲:幸耕平


オンボロロン ぼろぼろの
ギター残して 行ったまま
帰らない あのひとを
涕(な)いてうらんだ 冬いくつ
とつぜんあのひとの曲(うた)が
深夜ラジオのむこうから
ようやく心にけりつけて
嫁いでゆこうと決めた日に
生きていてくれたのね
いいの…いいのそれだけで

あのひとが曲を書き
それを私が唄う夢
若かったあの頃は
夢だけ喰(た)べて生きられた
おまえの曲だよと肩を
抱いて唄ってくれた曲
今夜もラジオのむこうから
想いで濡らして行きすぎる
戻れない戻らない
あれは…青春(はる)のなごり歌

ようやく心にけりつけて
嫁いでゆこうと決めた日に
生きていてくれたのね
いいの…いいのそれだけで

あれは…青春のなごり歌


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

市川由紀乃の人気ランキング

1 なごり歌NEWオンボロロン ぼろぼろの ギター
2 海峡出船あなたの駅に 戻れぬように 列車
3 能登絶唱袂(たもと)でかばう 頬を打つ 能
4 浮世草過ぎた恋だと 笑っても 口と心は
5 横笛物語なんで逢っては 呉れぬのですか
6 月の渡り鳥八里歩けば 草鞋(わらじ)も切れ
7 花の咲く日までこの世に吹いている 無情の風が
8 海峡の夜が明ける可愛い 顔して なぜ泣くの ハン
9 女の潮路最果ての 港に雪が降る ひとりで
10 桟橋時雨辛くなるから 見送らないで なん
市川由紀乃の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.