Uru「横顔」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Uru > 横顔

Uru「横顔」のジャケット画像

横顔

歌手:Uru
作詞:Hidenori
作曲:Hidenori

遠くを見てた 灯台の下
夕闇の風 季節を運ぶ
頬に映った さざ波の影
もうすぐ見える半分の月

ごらん ほら 無数の星屑が
出会った事 その奇跡を そっと照らしてる
何があっても 微笑み受け止めてくれた
あなたの横顔

不意に溢れた 銀色のしずく
思い出してた 魔法の言葉

涙が風に乗って海へと
流れていく 過ぎ去りし日々を乗せて
何があっても 微笑み受け止めてくれた
あなたの横顔

確かな時は一瞬の永遠に包まれて
浮かんでいるよ
何かが変わる予感がした今は
涙を堪えた

ごらん ほら 無数の星屑が
出会った事 その奇跡を そっと照らしてる
何があっても 微笑み受け止めてくれた
あなたの横顔
あなたの横顔

アルバム「オリオンブルー」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Uruの人気歌詞

Uruの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.