鶴「きっとそう」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > > きっとそう

鶴「きっとそう」のジャケット画像

きっとそう

歌手:
作詞:笠井“どん”快樹
作曲:笠井“どん”快樹

どんなに叫んでも届かない声も
言葉にしなくても伝わる想いもあって

朝が来るたびにおはようを
月が昇ればおやすみ
ありがとうもごめんねも全部が
きっとそういうことだ
いつも君を想うってこと

目を凝らすよ 喜びも悲しみだって
見逃さないよう ああ もっとそばへ
耳を澄ますよ どんな小さな声だって
ちゃんと聴いてるよ
全てに愛のかけらを隠して
ほら繋がってる

言葉が想いに届かなくたって
伝えたいことはひとつだけ
きっとそうだね

春が来るたびに花を見て
夏は木陰を探して
秋の訪れは駆け足で
冬には少し寄り添って
回り続ける世界で
きっとそういうことだ
日々を途切れないように紡いで行くってこと

きっと誰もがさ 運命の生贄なんだって
どうせなら全て ああ 君に捧げよう
手を伸ばすよ 全部には届かなくたって
大事なものは 離さないように

目を凝らすよ 喜びも悲しみだって
見逃さないよう ああ もっとそばへ
耳を澄ますよ どんな小さな声だって
ちゃんと聴いてるよ
全てに愛のかけらを隠して
ほら繋がってる
ああ繋がってる

おはよう
ただいま
おかえり
いただきます
またあとで
おやすみ
行ってきます
気をつけて
ごめんね
ありがとう
君に
届け

アルバム「普通」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

鶴の人気歌詞

鶴の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.