海月と紫陽花 歌詞 / ほのかりん

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ほのかりん > 海月と紫陽花

ほのかりん「海月と紫陽花」のジャケット画像

海月と紫陽花

歌手:ほのかりん
作詞:ほのかりん
作曲:ほのかりん

水平線で揺れる私は海月みたい 君は気付かない振りで笑うの
「僕の心も洗っておくれよ」馬鹿ね
湿っぽい君は移り気でまたブルーのネイルを塗る

海岸沿いで泣いた紫陽花は私みたい 涙流せないままで笑うの
シャワーに溶けた君の声は泡になる 馬鹿ね
湿っぽくなるのは嫌でしょう?
ワンピースのジップを下げてよ

BUT SAD BEDSIDE MUSIC

脱がせて欲しい 虚勢のハイヒールを
シャルドネ片手に 甘いビルが誘う
君に似合う 海月と紫陽花 呼吸が重なる
月が呼びかけてくる

平行線を渡る君は私みたい まるで鏡みたいで心が痛いの
足音が歌ってる 雨のワルツは涙目 馬鹿ね
湿っぽくなるのは嫌、でも
紫陽花で生きるのを止めてよ

BUT SAD BEDSIDE MUSIC

留めてほしい 鏡像のムーンロードで
溶けてく私を 追いかけて欲しいの
君の為の 海月と紫陽花 呼吸が薄まる
月が追いかけてくる

満たしてほしい 孤独をキャミソールと
落ちるまで私を 眠らせないでいて
君が描く 海月と紫陽花 呼吸が憚る
月が迎えにきてる


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ほのかりんの人気ランキング

1 メロンソーダ「昨日は本当に御免なさい。」
2 東京「帰ってきたら教えてね、東京で
3 ふわふわふわふわな貴方が懐かしいなぁ
4 無粋なキス惨めな思いをさせたわね きっと
5 海月と紫陽花水平線で揺れる私は海月みたい

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.