マーブル 歌詞 / KANA-BOON

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > KANA-BOON > マーブル

KANA-BOON「マーブル」のジャケット画像

マーブル

歌手:KANA-BOON
作詞:谷口鮪
作曲:谷口鮪

住み慣れた街を出るような
着慣れない服で歩くような
寂しさと胸の高鳴りがマーブル模様
交じっている

正しさだけを選べたら
後悔のない人生でしょう
君が透明になった夜は
月が欠けていたな

思い出 走馬灯のように駆け巡る
時計の針が壊れたように回る

ねぇ 春になったら
哀しさなど 桜の花びらに乗せて
もう 戻らないけど 戻れないけど
また 笑っていてほしいんだ

冷えた心を温める
少しぐらい浸っててもいいけど
そのうち過去はぬるくなる
風邪を引かないでね

きっと季節が巡るたび
歳をとって皺が増えていくたび
朧げになるのだから
痛みを感じる現在を抱いて

ねぇ 春になったら
慌ただしく流れる日々に乗ってゆこう
ねぇ いつか僕ら忘れてしまうけど
それは正しいことなんだろう

ねぇ 時が経ったら振り返ってさ
あんなこともあったねなんて
笑い合ってみたいね
なぁ それまで頑張ってみるから

ねぇ 春になったら
君も知らない僕がここに立っているけど
今日明日明後日も10年後だって
僕は僕のままでいるよ


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

KANA-BOONの人気ランキング

1 フルドライブ夕晩々、コイツは合図を待ってい
2 線香花火ベランダで並んで夜風に当たれば
3 夜のマーチ朝を待ったって迎えはなくて 味
4 アスターカンカンと鳴った踏切を待つ間に
5 盛者必衰の理、お断りどこかしらから音がする きいた
6 かけぬけて夜がくるよ、すぐそこまで来てい
7 ハッピーエンド小学生の頃読んだ絵本みたいに綺
8 1.2. step to you1.2.3.4. 坂を登ればあと何メー
9 ワールドケンカイヤケンカイヤワラッテ
10 ウォーリーヒーロー「絡まって動けなくなって」 そ
KANA-BOONの人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.