思い出の小径 歌詞 / 宮坂志乃

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 宮坂志乃 > 思い出の小径

思い出の小径

歌手:宮坂志乃
作詞:内田薫
作曲:内田薫

いつかあなたと 歩いた道は
南禅寺から銀閣寺までの 静かな小径
交わした言葉は 少なかったけれど
響く足音 はしゃぐように 重なりあっていたわ
お寺にあった 日記帳に書いた
「来年もまた二人で ここに来れますように
守ってください」と
今は昔… あなたと過ごした日々
少し思い出せば ほのかな風のかおり
二人の愛をたどる1ページ 浮かんでくるのです

小雨降る京都 ひとつの傘で
北大路から丸太町までは いつもの小径
秋の夕暮れは どこか寂しそうね
揺れる心を映すような 夕陽がきれいだった
街にひろがる 銀杏(いちょう)のじゅうたん
小さな花束にして 少し照れた様子で
私にくれました
今は昔… あなたと過ごした日々
少し思い出せば ほのかな風のかおり
二人の愛をたどる1ページ 浮かんでくるのです

二人の歩いてきた1ページ 大事な宝物


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

宮坂志乃の人気ランキング

1 雪蛍あなた探して いるように 北の港
2 思い出の小径いつかあなたと 歩いた道は 南禅

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.