パク・ジュニョン「海に語りて」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > パク・ジュニョン > 海に語りて 歌詞

海に語りて / パク・ジュニョン
amazon検索

「海に語りて」歌詞

歌手:パク・ジュニョン
作詞:伊藤美和
作曲:HANZO


悲しい過去を 映したように
闇夜にとけてく 鈍色(にびいろ)の海よ
何も見えない 届きはしない
どんなに焦がれていても…
やるせない この想いを
おまえに嘆いて みるけど

記憶の波が 渦巻きながら
心を叩いて 砕け散る涙
叶うことない 結ばれはしない
どんなに愛していても…
刻まれた 胸の傷は
癒(いや)せるはずなど ないけど

明日(あす)も見えない 心にいつか
朝陽が昇るのならば…
叫ぶように 響く鼓動
わかっておくれよ 海よ


パク・ジュニョンの歌詞ランキング

パク・ジュニョンの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(23:55更新)

1 かなりや童謡
2 嗚呼、人生が二度あればかりゆし58
3 AhSuperfly
4 アイアイ童謡
5 ツバメYOASOBI with ミドリーズ
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.