より子「忘れられた桜の木」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > より子 > 忘れられた桜の木

忘れられた桜の木

歌手:より子
作詞:より子
作曲:より子

目を閉じると
浮かび上がる
淡くて優しい、桜色…
最後の声は“おやすみ”
今も耳の奥で繰り返す
どうしても声、聞きたかった
君に会いたくて
でも会えなくて
こんな気持ちも
こんな言葉も
全部君が僕にくれたモノ
大切な想いだから…

忘れられた桜の木
騒がしい街で
春を待ってた
いつか君と潜(くぐ)りぬけた
町外れの桜並木
あの風景を
僕は必死で
目に焼き付ける
忘れないように

君に会った日
君に会えなかった日
ただ思い出してる
淡くて優しい、桜色
君に会いたくて
でも会えなくて
ただ想いを走らせた
届かないままで…

忘れられた桜の木
最後の花弁(はなびら) 風の中へ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

より子の人気歌詞

より子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.