忘れられた桜の木 歌詞 / より子

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 忘れられた桜の木 歌詞

忘れられた桜の木

 

より子

作詞:

より子


作曲:

より子

歌詞
目を閉じると
浮かび上がる
淡くて優しい、桜色…
最後の声は“おやすみ”
今も耳の奥で繰り返す
どうしても声、聞きたかった
君に会いたくて
でも会えなくて
こんな気持ちも
こんな言葉も
全部君が僕にくれたモノ
大切な想いだから…

忘れられた桜の木
騒がしい街で
春を待ってた
いつか君と潜(くぐ)りぬけた
町外れの桜並木
あの風景を
僕は必死で
目に焼き付ける
忘れないように

君に会った日
君に会えなかった日
ただ思い出してる
淡くて優しい、桜色
君に会いたくて
でも会えなくて
ただ想いを走らせた
届かないままで…

忘れられた桜の木
最後の花弁(はなびら) 風の中へ

公開日 : 2005-07-05
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

より子の人気ランキング

この歌手の人気一覧を見る▶
関連動画

このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon検索
Hanamari(はなまり)

関連歌詞

天文学的なその数から
神聖かまってちゃん

やるせない

アノ風ニノッテ
pe'zmoku

JAPANESE
MUCC

光化門で
SUPER JUNIOR-KYUHYUN

無条件幸福論
SuG

アノ風ニノッテ (戦場のヴァルキュリアVersion)
pe'zmoku

君しか見えない
kumi

僕が愛した時間
森恵

フユラブ
Juliet

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.