SCANDAL「月」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > SCANDAL > 月

SCANDAL「月」のジャケット画像

歌手:SCANDAL
作詞:RINA
作曲:MAMI

午前2時を過ぎて
思い出すあなたのこと
窓際に寄せたダブルベッド
余ってる枕

さよならはいつだって残酷で
後悔ばかりが残ると思ってたけど
あなたが置いていったぬくもりが
今も、ここに

隣同士で笑い合っていた
あの頃には戻れないけど
ふたりでみた遠い空には
いつも優しい月が浮かんでる

分厚い小説
挟まった赤い栞
あなたの跡を通り越して
次のページをめくった

立ち止まることを許せたとき
物語はまた動き始める
あなたと出会えて本当に
私、良かった

あなたがいない明るい未来を
私はまた生きてゆくの
涙を拭いて眠りについたら
また新しい朝が待っている

目には見えない胸に開いた穴
ずっと消えない月みたいだ
離れ離れで思い合って
それぞれの日々を照らしてゆこう

隣同士で笑い合っていた
あの頃には戻れないけど
ふたりでみた遠い空には
いつも優しい月が浮かんでる
いつも優しい月が浮かんでる

午前2時を過ぎて
思い出すあなたのこと
窓際に寄せたダブルベッド
余ってる枕

アルバム「Kiss from the darkness」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

SCANDALの人気歌詞

SCANDALの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.