「芝居小屋」という名の酒場 歌詞 / 小田純平

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 小田純平 > 「芝居小屋」という名の酒場

小田純平「「芝居小屋」という名の酒場」のジャケット画像

「芝居小屋」という名の酒場

歌手:小田純平
作詞:つじ伸一
作曲:小田純平

真夜中に 扉(まく)が開(あ)く
「芝居小屋」という名の酒場
昼の仮面を 脱ぎ捨てて
演じたいのさ いい男、いい女を…
何も筋書き 決めないままの
気分次第の ああ 恋芝居

ウヰスキー あおるのは
無精髭の 酔いどれ役者
捨てた女の 不倖せ
懺悔してるよ 泣き乍(なが)ら 自分のせいと…
誰も男にゃ 覚えはあるが
忘れたふりを ああ してるのさ

台詞(せりふ)など なくたって
見つめ合えば こころは通う
酒の力で 抱き寄せて
灯り吹き消し くちづけを交わしたなら
甘いギターが ふたりを包む…
ひと夜限りの ああ 艶(つや)芝居


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

小田純平の人気ランキング

1 男がひとり飲む酒はどこにもあるよな 居酒屋で 沁み
2 半歌 〜愛しき人〜そう、誰もが同じ様に 憂(うれい
3 ほかされてあんたとあたいを秤(はかり)にか
4 無くしたものを数えてみても-2015-理由(わけ)もないのに楽しくなっ
5 57街ゆく人は誰も無口で 心に悲し
6 母のマフラー小さな町の駅のホームで 我が子
7 還暦ブルース今日の稼ぎは消えていく 明日の
8 祈念坂細く長い坂を 上りきって 振り返
9 泉州祭節通りに聞こえる だんじり囃子(ば
10 盛り場すずめおれもおまえも 鶴にはなれぬ ビ
小田純平の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.