北野好美「秋桜の駅」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 北野好美 > 秋桜の駅

北野好美「秋桜の駅」のジャケット画像

秋桜の駅

歌手:北野好美
作詞:冬弓ちひろ
作曲:杉本眞人

祭りばやしの季節が過ぎて
そろそろ秋風が吹きますね
線路の脇の 秋桜揺れる
今は寂れた 故郷の駅
いつまでも いつまでも
あなたの汽車をここで見送った
あれはもう 遠い昔
都会暮らしで 夢が痩せたら
帰っておいでよ 心の駅に

夕焼け空に 茜の雲が
浮かんで 懐かしい母の声
線路の脇の 秋桜揺れて
風に誰かを 呼んでるようです
泣きながら 泣きながら
あなたが汽車の窓から手を振った
あの頃の 胸の痛み
都会(まち)の夕陽に 思い出したら
帰っておいでよ 心の駅に

都会暮らしで 夢が痩せたら
帰っておいでよ 心の駅に

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

北野好美の人気歌詞

1 女のかもめ歌三日三晩の 嵐の後は 群れにはぐ
2 秋桜の駅祭りばやしの季節が過ぎて そろ

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.