ネクライトーキー「深夜とコンビニ」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ネクライトーキー > 深夜とコンビニ

ネクライトーキー「深夜とコンビニ」のジャケット画像

深夜とコンビニ

歌手:ネクライトーキー
作詞:朝日
作曲:朝日

嫌になってしまうことばかりだ
釣り銭が床へ転がるのを見ていた
深夜コンビニじゃ音も無く消えるのが
当たり前の筈だったな

絡まってしまうことになれば
青い窓が赤へ変わるのを見ていた
路面電車ではご飯のこと考えてた
使いすぎたガスや点けっぱなしの電気や
日々はまだ続くんだな

何もないぜ僕ら
がらがら、音が聞こえる
空洞を過ぎてく
掛布団からはみ出した足を気にして
恐る恐るちょっと引っ込めるような
夜が続く

嫌になってしまう、朝の全部が
すり抜けるばかりの退屈なことが
僕を責め立てた
そんな風に思う自分が
本当は一番くだらねえ
くだらねえ筈なんだよな
もう妄想なんかいいよ
限界もそろそろ来るだろう
夜が明けたら

何もないぜ僕ら
がらがら、音が聞こえる
空洞を過ぎてく
掛布団からはみ出した足を気にして
恐る恐るちょっと引っ込めるような
日々が続く

アルバム「ZOO!!」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ネクライトーキーの人気歌詞

ネクライトーキーの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.