崎山つばさ「桜時雨」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 崎山つばさ > 桜時雨

崎山つばさ「桜時雨」のジャケット画像

桜時雨

歌手:崎山つばさ
作詞:昆真由美
作曲:小高光太郎・藤井亮太


舞わせ散らせ 今、桜時雨
揺れる心重ねて
流れ巡る 時、遊びながら
月も星も歌う夜更け

さあさあ とくとご覧あれ
眩い夢を魅せましょう
しゃなりしゃなりとまたひとり
朧(おぼろ)の月の下 集う

豪華絢爛 晴れ舞台
光る水面に 蝶が舞う
千変万化 万華鏡
同じ景色は二度とないもの

うなじを撫でる 風の随(まにま)に
感じるまま 酔いしれて
笛や太鼓の音 響けばさあ 宴の幕が開く

舞わせ散らせ 今、桜時雨
揺れる心重ねて
流れ巡る 時、遊びながら
月も星も歌う夜更け

廻れ 踊れ この音に抱かれ
刹那 繰り返す幻
散り果て やがて 咲き誇る
強く淡い花の如く
永遠の夢の中 華麗に舞え

夜が深まるほどになお
光は増える 声は鳴る
憂き世を忘る ひとときは
何故にこんなに早く過ぐもの

記憶の河に流した恋も
不意にまた香り立つ
出逢いすれ違い別れてなお この宴は続く

舞わせ散らせ 今、桜時雨
触れる袖を重ねて
変わり変わる 時、移ろうまま
赤く碧く 空を焦がす

廻れ 踊れ この音に抱かれ
幾度 消えてゆく幻
燃え尽き そして また開く
夜空に咲く 華の如く
深い闇の中 華麗に舞え

この手を伸ばし 瞳凝らせど
見えぬ未来の先へ
いざともに行こう 高らかに今 はじまりを祝おう

幾千の花 空へ舞い上がる
今宵 咲き初めし夢
薄紅色に染まる空見上げ
ひとつ また夜を奏でる

廻れ 踊れ この音に抱かれ
刹那 繰り返す幻
散り果て やがて 咲き誇る
強く淡い花の如く

夜空に咲く 華の如く
永遠の夢の中 華麗に舞え

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

崎山つばさの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.