真田ナオキ「我が身恨んで」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 真田ナオキ > 我が身恨んで

真田ナオキ「我が身恨んで」のジャケット画像

我が身恨んで

歌手:真田ナオキ
作詞:吉幾三
作曲:吉幾三

十七 春に 家を出て
年を誤魔化し 夜の街
母もこの街 居そうでさ
探し歩いて 風と泣く

十九の秋に 喧嘩して
傷を負わせて 罪を着る
街を追われて 夜汽車乗り
我が身 恨んで 風に泣く

あぁ 誰を… あぁ 恨む…

二十才(はたち)の春に 知り合った
初(うぶ)な女を 泣かせたよ
ひとり出て来た 田舎町
話聞かされ 風と泣く

病(やまい) 侵(おか)され 苦労させ
何も出来ずに 悪かった
母が死んだと 聞かされて
一緒に泣いてくれた 女(ヤツ)

あぁ 何を… あぁ 恨む…
あぁ 我が身… あぁ 恨む…

「我が身恨んで」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

真田ナオキの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.