Ghost like girlfriend「光線」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Ghost like girlfriend > 光線

Ghost like girlfriend「光線」のジャケット画像

光線

歌手:Ghost like girlfriend
作詞:岡林健勝
作曲:岡林健勝

眠れない日々の隙間に生きる力がこぼれてく
おしまいの香りが日々に漂い続ける

重く感じたマドラーがコーヒーへ落ちて飛び散って
飛沫が目に飛び込んだら涙が溢れた

無理に起こされては生かされるような日々に
終わりは見えない

それでもね
いつか終わるその時が来るまでは
只々々歩き続けるんだよ

「これ」って賭けたものたちに
運命と思える人に
振り回され続けては疑う毎日

どんな華麗な花すら老いて枯れてまた咲くのだからさ

愛なんて凸凹だらけの形が無いものを
目隠しして撫で続けるような事

それ故ね
昨日と今日では違い過ぎたりするけどね
信じたいから信じ続けるんだよ

すがれるものを失っても
続きが見えない夜が続いても
まだ何か見せたがるように
窓を超えて朝はここへ迎えに来るのよ

だからまだ
未来が空になる日が来るまでは
出来ればまだ信じ続けていよう

瞬きな、いつか終わるその時が来るまでは
ゆらゆら漂う煙のようにね

眠れない日々の隙間に生きる意味がこぼれたなら
始まりの香りが俺に手を差し伸べる

「光線」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Ghost like girlfriendの人気歌詞

Ghost like girlfriendの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.