嘘とカメレオン「アルカナ」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 嘘とカメレオン > アルカナ

嘘とカメレオン「アルカナ」のジャケット画像

アルカナ

歌手:嘘とカメレオン
作詞:チャム(.△)
作曲:渡辺壮亮

だまされる才能のない
少年は泣いた
「この世がカサカサに見える。」

キャンバスの中でだけ生きている
あの星は美しい
それだけは知っていたけど

どんな夜も独りと言っていたけど
本当はどうだった?

いつか消えてゆく夜は きみを連れて
惑星(ほし)が踊る
消えない光をいつも
謳えるように
また夢を見る

だまされる才能のない
少年は笑った
「美しいものを知ってる。」

いつかまた会える?
と聞くアルケミスト
ほらこっちを向いてごらん
もしも怖いなら
ぼくがきみの先を歩くよ 手を引いて
色褪せない場所(ところ)まで

いつか消えてゆく夜は きみを連れて
惑星(ほし)が踊る
どこかで光をいつも
灯せるように

きみが生きる世界は
風が吹いて 惑星(ほし)が踊って
二人の秘密をいつも
分け合うように

約束をしようよ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

嘘とカメレオンの人気歌詞

嘘とカメレオンの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.