キンモクセイ「都市と光の相対性」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > キンモクセイ > 都市と光の相対性

キンモクセイ「都市と光の相対性」のジャケット画像

都市と光の相対性

歌手:キンモクセイ
作詞:伊藤俊吾
作曲:伊藤俊吾

真夜中の目抜き通り
シグナル消えた突然に
風の中を星の中を
光の中を飛んでゆく

環状線を内回り
反時計を刻むように
夜を超えて都市を越えて
時の流れも変えてゆく

夜空を跳ね回る喜びを
揺れ動く悲しみを捕まえて
時の海を飛び回れどこまでも

星はいつも暦どおり
雨はいつも予報どおり
常識から非常識へ
裏返しに進んでゆく

相対性の理論どおり
光が飛ぶスピードに
遠さよりも重さよりも
時間軸を変えてしまえ

いつかの君が見た僕の夢
僕が見た君の夢 叶えよう
朝に消えてしまう前に
いつかの君が見た僕の夢
僕が見た君の夢 叶えよう
月のそばで
いつまでもどこまでも

アルバム「ジャパニーズポップス」収録曲


「都市と光の相対性」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

キンモクセイの人気歌詞

キンモクセイの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.